配線器具の交換の目安

    住宅において、配線器具(コンセント・スイッチ)の交換の目安は10年です。
    10年経過した配線器具は、取り付け場所や使用状況によって劣化している可能性が高くなっており、電気安全上の配慮から交換を推奨しております。

    テーブルタップ(延長コード)の交換の目安は3〜5年(※)です。
    そのまま使い続けると危険(怪我、火災など)を生じるおそれがあります。
     (※)周囲環境や使い方によって生じる傷みに差があります。

更新情報


お知らせ

  • 内閣府 消費税軽減税率制度について


  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構よりお知らせ
  • 中小企業等(ベンチャー企業を含む)が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発の公募の予告情報がありましたので以下のURLを参照ください。
    https://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100194.html

配線器具Q&A 今すぐチェック! 家を建てる前、リフォームする前に考えること 感震機能付住宅用分電盤 点検のポイント、教えます!
11月11日は配線器具の日 ネットEMSのご紹介 会員専用ページ
Copyright (c) 2011 一般社団法人 日本配線システム工業会